スマホアプリ スプラッシュ画面  ースタート画面できることー

スプラッシュ画面 株式会社ルナーヴァスマホアプリ
ルナーヴァ
ルナーヴァ

公式アプリの最初の入口となるスタート画面をスプラッシュ画面とも言います。

今回はこのスプラッシュ画面について解説いたします。

ルカ
ルカ

アプリを立ち上げたときの画面のことですね

ルナーヴァ
ルナーヴァ

はい。そうです。

誰もが一番初めに見る場所となります。

使い方によっては、様々な効果を生むことができるので工夫するといいアプリになりますよ!

ルカ
ルカ

ただ、ロゴを入れればいいってわけではないのですか?

ルナーヴァ
ルナーヴァ

いい質問ですね。

ロゴだけでシンプルに企業やお店の表示をしてもいいのですが、イメージを簡潔にした動画なども掲載できるのでアイデア次第でオリジナル性が出てきますよ

ルカ
ルカ

動画も載せれるなんて凄いですね!

ルナーヴァ
ルナーヴァ

まずはどんなことができるか説明していきましょう

スプラッシュ画面とは、アプリケーションを起動した時に表示される画面(スタート画面)のことを言います。

企業ロゴ タイプ (背景無し)

企業ロゴタイプ(背景無し)は、企業のロゴやアイコンに使われているシンボルなどを表示するタイプです。一番シンプルな人気の高いパターンです。

背景は特にグラフィック要素が少ない物にすることで、ダウンロードユーザーは企業ロゴやアイコンだけを見ることになり、ブランディングとして効果的を発揮します。

スプラッシュ画面

企業ロゴ タイプ (背景あり)

企業ロゴ(背景無し)のパターンの後ろに背景が(グラフィック要素)が入っったタイプです。企業ロゴのガイドラインによって不可能な場合もありますが、イメージ画像により企業のイメージがダウンロードユーザーに伝わりやすいという効果があります。

企業ロゴタイプ (背景あり)株式会社ルナーヴァ

キャンペーン・広告型 タイプ

スプラッシュ画面にキャンペーンや広告を表示するタイプです。

ロゴタイプと同じように見えますが、スプラッシュ画面での使用意図として少し異なるため別枠として記載しています。

意図としては、ここに表示されているテキストを読んでもらうことができれば、イメージ画像よりも直接的に内容を伝えることです。


あくまでも「テキストを読んでもらうことができれば」という前提です。

スプラッシュ画面の表示時間は、デバイスのメモリなどにもよりますが、短めです。表示時間は約1秒~2秒ほどの短い表示時間の為、キャッチコピーくらいがいいかと思われます。

スプラッシュ画面に「スタート」ボタンを設置すると自動でログインされないので、読んでもらえるようになります。

アニメーション タイプ

スプラッシュ画面にアニメーションを入れるというタイプです。ゲーム系のアプリケーションに特に多く、最近ではTwitterがロゴの鳥が迫ってくるように拡大するというアニメーションを採用したりしています。

(※イメージとして簡単に作りました。雑ですみません・・・)

動画 タイプ

イメージ動画をスプラッシュ画面に掲載もできます。最もインパクトがあり動画なのでイメージも伝えやすいのが特徴です。

動画の制作ができる環境下であれば、企業アピールとして最適な情報発信ツールとなります。

しかし、スプラッシュ画面の設定上で動画の再生時間は1-2秒なのでアニメーションくらいで抑えたほうがおすすめとなっています。


Human Interface Guidelines Appleガイドライン

iOSでスプラッシュ画面はストア申請時に必須となっています。

以下は、Appleのガイドラインとなってます

起動画像は、アプリケーションが起動するまで、時間つなぎとしてiOSが表示する画像です。即座に現れ、その後すぐに先頭画面に置き換わるので、起動が速く応答性が優れている、という印象を与えます。

・・・

ユーザは、アプリケーションを頻繁に切り替える可能性が高いため、起動時間を最小限に削減するためにあらゆる努力をし、注意を引くよりもむしろ、起動中であることを意識させない起動画像をデザインするべきです。

・・・

これらのガイドラインに従うと、質素でつまらない起動画像になると思うかもしれませんが、その通りです。起動画像は芸術的表現の機会を提供することを目的としていません。迅速に起動してすぐに使用を開始できるというユーザのアプリケーションに対する認識を向上させることが唯一の目的です。たとえば「設定(Settings)」や「天気(Weather)」の起動画像は、背景画像に少し手を加えただけのものです。

Human Interface Guidelines

コメント

タイトルとURLをコピーしました